business card

名刺作成を業者に依頼する場合

名刺を作る殆どの場合は印刷会社など、プロに依頼するのが一般的でしょう。しかし、中には個人で名刺作成をしてしまう人もいます。では、名刺作成を業者に依頼するメリットとデメリットは何なのでしょうか?ここでいくつかご紹介していきます。
メリット1は満足のいく仕上がりになるという点です。やはり個人で作成したものとのクオリティを比べると、その仕上がりは段違いですね。メリット2は他とは違う凝ったデザインの名刺が作れるという点です。紙の大きさ、厚さ、素材など細かい部分に拘りたい、と考えているなら迷わず業者に依頼した方がいいでしょう。大抵の要望には応えてくれるはずです。メリット3は大量生産する場合にお得になるという点です。枚数が大量に必要な場合は、まとめて注文した方が費用が安くなります。
デメリット1は費用が高くつくという点です。デザインに拘った分だけ料金は高くなるので、予算と相談しながら作る必要があるでしょう。デメリット2は時間がかかるという点です。場合によっては、素材の取寄せやデザインの擦り合わせなどで時間がかかる場合があります。特に凝ったデザインの名刺を作成する場合は、完成までの時間を考慮して注文した方がいいかもしれません。

サイズ選びが大事な名刺作成

名刺作成を行う際には、サイズ選びが大事になります。名刺の大きさによって、受け取った時の相手に対する印象が大きく変わってくるからです。また、名刺をまとめてファイリングして管理している方も多いので、あまり普通のサイズからかけ離れた大きさの名刺は受け取った相手に対しての配慮が足らないと受け止められてしまう可能性があるため、一般的なサイズの中から選ぶということがポイントとなります。最もよく見かける大きさの名刺は通常サイズと呼ばれることが多いです。
名前や所属などを印刷することができるほか、会社のロゴやオリジナルのデザインを加えることもできます。必要な情報を書き加える表面に対して、裏面については自由にデザインすることもできます。また、通常サイズより少し小さめのサイズの名刺は海外でより一般的に用いられているサイズとなります。多国籍企業で働いている方や、海外との取引が頻繁にあるという方の場合は、相手に配慮するという意味でも少し小さめのサイズの名刺を作成しておくと便利です。基本的にはビジネスシーンで名刺を使用することが多いため、相手に合わせることが重要です。相手に気持ちよく受け取ってもらえる名刺を作成しましょう。

「名刺」という意味を考えて作成する

名刺作成は個性が出るものです。会社の物で無ければ個性を出しても良いと思います。例えば、用紙の色は白にこだわらずしても良いと思います。また名刺の文字を漢字ばかりではなく、ひらがなやカタカナ、ローマ字などにして個性を出しても良いと思いますが、相手に伝わりにくいと名刺のインパクトだけが残ってしまい、名刺の大切な意味の自己紹介と言う部分が無くなってしまうかもしれません。
名刺の中には顔と名前が一致するように、顔写真も入れている名刺もあります。この写真が入っている名刺などはインパクトが強いので、名前と顔がすぐに相手に伝わる為、「記憶に残りやすくなり、名前と顔を忘れづらくなる。」という事になると思います。逆に使われる道は分かりませんが、悪用にも使われやすくもなるので、気を付けた方が良いと思います。
このような事から「名刺」というものは、自分や会社を紹介するアイテムで相手に覚えてもらうための「顔」でもあるので、やり過ぎには気を付けながら、インパクトのある「名刺」を作る事を考えながら作成すると良いと思います。理想的な事は相手が久しぶりに「名刺」を見た時に、その「名刺」を出した方の顔が浮かぶようになっていれば、その「名刺」は作成に成功して、価値がある物だと思います。

名刺作成は紙質にこだわろう

インターネットが発達した現代においては、名刺は紙に印刷したものを渡すことが一般的です。そこで、…

名刺作成で参考にしたいポイント

ここでは名刺作成をする際、デザインについて参考にしたいポイントを紹介していきます。まずは、名刺…

最新記事一覧

2017年08月23日
ネットで名刺作成を依頼する際の注意点を更新しました。
2017年08月23日
使い道に応じた名刺作成の考え方を更新しました。
2017年08月23日
名刺作成で参考にしたいポイントを更新しました。
2017年08月23日
名刺作成は紙質にこだわろうを更新しました。